×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

携帯端末より【お問い合わせ】【ご注文】のお客様へお知らせ

携帯電話から【お問い合わせ】【ご注文】のお客様は当社からの《ご返答》《注文確認》メールが届くよう、【お問い合わせ・ご注文前】に「info@yamasaseika.com」のアドレス指定受信設定をお願いいたします。

お問い合わせ・ご注文後、お問い合わせへの返答メール、注文確認の自動メッセージ・翌営業日中に当社からのご注文受諾メールが届かない場合は、当社からのメールが、お客様側にて拒否されているか迷惑メールへ割振られているので、指定受信設定後当社へメール(お電話では担当者不在にて対応できない場合があるので)にてお問い合わせくださいませ。

お問い合わせよりメールにご注文時のお名前・ご注文番号(わかる場合)・連絡先電話番号を記載の上、ご連絡をお願いいたします。

お振込指定の場合ご注文より5営業日が経過しても連絡の取れないお客様はまことに勝手ながらキャンセルとさせていただきます。

HOME»  たません・たこせんの作り方

たません・たこせんの作り方

STEP.01

STEP.01

せんべいを半分に割ります。
ヘラなどで割りたい部分に傷をつけたら簡単に割れます。
お店で作る時は鉄板の上で「たこせん」を温めながらの作業です。写真は会社の狭いスペースでの作業でしたのでアルミホイルの上で作業しました。

STEP.02

STEP.02

ソースとマヨネーズをお好みで。
使用するソースは、とろみのあるお好みソースやたこ焼きソース・中濃ソースなど地域で馴染みのソースでOKです♪両面にソースをかけても濃厚でおいしいですが、片面にソースをかけずに挟むと下はモチッと上はパリパリの絶妙な食感が楽しめます。この作業…熱した鉄板の上でやるとソースの焦げた香ばしい香りで近くに居る人の食欲を刺激します。

STEP.03

STEP.03

あげだま(天かす)を乗せると味に深みが出ます。
たこ焼きを挟んだたこせんも同じです。

STEP.04

STEP.04

たませんは目玉焼きを(この写真ではわかりやすいように目玉焼きです)両面焼いて少し黄身を固めたほうが黄身がたれずに食べやすいです。
販売されている屋台さんなどでは黄身を破って余分にタレないように黄身面も少しだけ焼き固めたりします。
イベントなどで提供する時は事前に焼き加減などみておく方が失敗も少なくていいかもです。
(当店担当者個人的にはトロトロ半熟卵とソースが、たこせんのうま味と合わさった濃厚で強烈なうま味が大好きですが…余談でした)

たこせんの場合は、たこ焼きを鉄板でギュッと潰して焼いたら見た目はサンプル写真のようにはなりませんが挟みやすく、小さな子どもさんでも食べやすいです。

STEP.05

STEP.05

お好みでネギ・青のりや、かつお節、小エビなど乗せたらよりおいしいです。その他にもチーズやキムチなども合います。ご当地食材なども明太子・高菜など相性のいいものもありますので色々試してみてください♪
いろいろ乗せてオリジナルのおいしさを探してみましょう。シンプルにソース・マヨネーズ・たまごorたこ焼きだけで十分美味しくできますよ♪

STEP.06

STEP.06

最後に再びソース&マヨネーズをたっぷりかけます。

一味唐辛子・七味唐辛子や山椒など合いそうな香辛料をかけたらピリ辛がそそる大人味に!

STEP.07

STEP.07

せんべいのもう半分で挟んで完成です。
たまごを挟めば「たません」たこ焼きを挟めば「たこせん」になります。たこ焼きはフライ返しなどでぺたんこにするとたべやすいですよ。
色んな具材で楽しんでみてくださいね。

ご購入はこちらから